ビルで使用する電気を節電し省エネしましょう

作業員

環境改善に便利な照明器具

女の人

狭い範囲に集中して強い光を照射できる作業灯は、実用性が高く費用対効果に優れているため多くの法人に利用されています。LEDであれば光の強弱の調節も可能で電気代も抑えることができます。持ち運びに便利なため、状況に応じて自由に活用することも可能です。

原発を支える存在

作業員

原子力発電所をまとめている鈴木貞一郎は、多くの取り組みを行なっています。実績が豊富であり、その分だけ周りからの信頼も厚いといわれています。安心して暮らせる環境づくりにおいて欠かせない存在であると注目されています。

エネルギーを節約しよう

男性

消費エネルギーを考える

経費を少しでも節約するために、ビルの省エネについて考えているケースも多くあります。省エネについて考えるとき、最初に節約について考える方もいますが、まずは現在の状況を整理することが大切です。例えばビルで使っている月々の電気料金について考えるとしたら、使っている電気エネルギーのバランスを考えていくようにしましょう。電気料金のバランスをチェックすると、照明の費用やエアコンで使っている費用、さらにパソコンなどの機器の電気代がどのくらいの割合を占めているのか見えてきます。最初に電気代の割合を把握しておくと、ビルの省エネを行ったあとに、どのくらいの節電効果があったのか確認するときにも役立てることが可能です。

小さな工夫でも変わる

ビルの省エネについて考える場合、太陽光発電の導入など、大規模な改善が必要だと考えている方も多いです。確かに、大規模な改善を行ったほうが、高い省エネ効果が期待できるのも事実です。ですが、いきなり大規模な改善を目指すのではなく、まずは身近でできる小さな一歩から始めることも大切です。例えば照明代を節約するために、電灯を省エネ効果が高いものに変えるのも1つの手です。廊下の照明の数を減らす、使っていない部屋の電気はこまめに消すように徹底するだけでも、省エネ効果が期待できます。また冷房や暖房の設定温度を1度変えるだけでも、節電効果がみられます。ビル全体の冷暖房の設定温度を見直して、少しでも節電できるようにしましょう。

資産価値を高めるには

ビル

ビルの建物をリニューアルすることが資産価値を高める方法の一つであり、配管などの目に見えない部分も点検することが重要です。エネルギー効率のアップが実現可能な業者の人気が高く、空室対策のためのリニューアルプランを希望するビル所有者も多いです。